コロラド大学がん研究センターで【ゴーヤ】はガンに著しい効果がることが判明


 


 

様々な健康への効能が期待できるとされるゴーヤ。美容や健康だけでなく、癌にも効果的との研究結果が発表されていますが、そんな効果・効能満点なゴーヤは日本にいつ頃伝わってきた野菜なのでしょうか?
栄養成分満点のゴーヤーは、インドなどのアジアの熱帯地域が原産とされています。14世紀頃に中国に伝わった後、日本に伝わってきました。
中国では実だけでなく花や根、種子まですべて生薬として利用されていました。喘息や皮膚疾患、腫瘍や高血圧、糖尿病などに有効とされ、漢方医療に欠かせない素材として珍重されていたのだそう。
原産とされるインドなどで食用に使われるようになった時期はよくわかっていませんが、インドに伝わる伝統医療でも実だけでなく葉や茎まで薬として利用されています。
日本にゴーヤが伝わってきたのは16世紀頃。1713年の「琉球国由来記」に苦瓜に関する記載があるそうで、その頃には既に沖縄(琉球王国)ではゴーヤが食べられていたと考えられます。当時は野菜、食材としてよりも生薬として利用される方がメインだったようです。また、栽培されていた地域は沖縄だけでなく、九州でもゴーヤの栽培は行われていたようです。
ゴーヤーといえば、あの独特な苦味。苦手な方もいれば「あの苦みが好き」という方もいるようですが、この苦味のもととなっている「モモルデシン」などの成分に健康効果があるのだそう。胃腸の活動の促進や抗酸化作用など、身体に嬉しい成分がたっぷりと含まれています。また、ビタミンCなどもたっぷりで美容にも効果的。糖尿病予防や肥満予防、更に癌の予防にも効果的とされる、スーパー野菜のゴーヤについてもっと詳しくお勉強していきましょう!

 

【ゴーヤの栄養成分はあの“苦み”!自律神経を整える「モモルデシン」】

 

ゴーヤーの苦味物質のひとつであるモモルデシン。苦手だという方も少なくありませんが、この成分は自律神経のバランスを整える働きが期待できるとして注目されています。
だるさや頭痛、めまい、吐き気などといった自律神経失調症の症状を緩和させる効果をはじめ、気温の気温差やストレス、睡眠不足などによって生じる自律神経の乱れを整える効果が期待できるとされています。
また、夏バテの緩和効果も期待できます。疲労感やだるさが抜けない、どんよりとした気持ちが治らないと感じている時に、気分をシャッキリとさせてストレスを緩和させてくれます。
ゴーヤにはビタミンCも豊富に含まれていますが、ビタミンCのストレス作用と合わせてストレスフルな生活を乗り切る手助けになると考えられます。

 

 

【ゴーヤの栄養成分モモルデシンには血糖値の上昇を抑える効果も!】

 

ゴーヤの苦味成分モモルデシンには、血糖の代謝促進作用を活発化させる効果も期待できると考えられています。
ゴーヤにはモモルデシンの他、チャランチンといった苦味成分もあります。こちらの成分にも膵臓を活性化する効果が期待できるので、血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。
ただし、まだまだゴーヤの糖尿病予防に対する有益性は研究途中。人体実験で有益な結果が得られなかったことやゴーヤーの名産地である沖縄県の糖尿病死亡率が高いことなどもあり、明確な医学的根拠が示されているわけではありません。
ゴーヤが身体に良いことは確かですので、血糖値が気になる方は毎日の食事に、時々ゴーヤも取り入れてみる、ぐらいの気持ちで試してみるのが良いでしょう。

 

【夏野菜ゴーヤの栄養成分は夏バテに効果的!】

 

モモルデシンには消化液の分泌を促したり、胃腸の粘膜を保護する働きが期待できるとされています。これからの季節気になるのは夏バテ。夏バテしてしまうと食欲不振などの症状が気になるかと思いますが、ゴーヤを食べると食欲増進効果が期待でき、夏バテによる体力低下を予防することに繋がると考えられます。
更に、ゴーヤーにはビタミンCも豊富。疲労回復に効果を示し、更に夏場に汗などで失われやすいカリウムなども同時に摂取できます。夏野菜の代表格として知られるゴーヤは、体力が低下しやすい夏に食べる食材として非常に理にかなっているといえるでしょう。

 

【ゴーヤの栄養成分はむくみ・便秘解消にも効果的!】

 

ゴーヤーにはむくみの改善に効果も効果があるとされています。ゴーヤにはカリウムが100gあたり260mg含まれており、カリウム豊富なスイカの約2倍量が含まれているとされています。カリウムが豊富なので塩分過多によって溜め込まれた水分の排出を促してくれ、むくみを解消してくれるとされています。抗酸化作用もあるので、血流が改善されてさらにむくみ緩和に効果的です。
ゴーヤーには100gあたり2.6gの豊富な食物繊維も含んでいます。苦味成分モモルデシンも腸に刺激を与える効果が期待できるので、蠕動運動を促して便秘の改善に効果的。ゴーヤの食物繊維は不溶性食物繊維が多いので、便通改善や老廃物促進の効果が期待できます。水溶性食物繊維の働きで腸内環境の改善にも役立ってくれるので、スマートなスタイルをキープするのにも効果的な食材といえるでしょう。

 

【栄養豊富なゴーヤ!その効能は癌にも効く?】

 

ゴーヤにはがんへの効果も期待できるという研究結果も出ています!
アメリカ・コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らが、ゴーヤーの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認された血球結果を踏まえやうえで、研究を進めて、ゴーヤーには膵がん細胞に対し、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制して、がん細胞を死滅させる働きがあることを発見したのです。
マウスを用いての実験結果では、ゴーヤーの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較すると、がん細胞の代謝が低下したとされているのです。そして結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていた、この研究結果は学術誌「発癌現象」にも発表されています。

 

「3年前、研究者たちはニガウリのエキスが乳ガン細胞に効果があるとしたが、それは培養実験用シャーレの上でのみだった。この研究はもっと、さらに深く先へ進んでいます。」と同センターのガン予防対策チームの共同リーダーであり、スキャッグス薬科学大学教授のラジェシュ・アガーワール博士は言います。

 

「私たちが使ったのはニガウリの汁だが、アジア圏の国々の人は既に大量に摂取しているものだ。それはブドウ糖の新陳代謝経路に影響を及ぼしてエネルギーを制限し、すい臓癌細胞を死滅させることを突き止めた。」

 

アーガワール博士は斬新な方法で既存する研究内容を点と点でつなげるようにして、ニガウリに興味を持ち始めました。すい臓癌は一般的には糖尿病によって進行するものです。ニガウリの汁は2型糖尿病に効果を表しています。中国やインドでは糖尿病対策として、何世紀にも渡って民間療法として使われています。アーガワール博士と同僚たちは糖尿病を方程式から外して、すい臓癌とニガウリの関連性を直に調べてみたらどうなるだろうかと思いました。

 

アーガワール博士は、「すい臓癌細胞の代謝事象に変化が現れ、またAMP活性化したタンパク質キナーゼ、細胞内でエネルギーレベルが低いことを示す酵素が活性化する」ことが結果として現れたと言っています。

 

ニガウリはインスリン分泌細胞である、すい臓ベータ細胞をも統制します。細胞培養研究が完了したあと、すい臓癌実験モデルのマウスにニガウリの汁を与えました。対照グループと比較すると、ニガウリの汁を与えられたマウスはすい臓癌になる可能性が60%も低いことが分かりました。

 

「これは非常に面白い発見です。多くの研究者たちは、がん細胞が自らの力でエネルギーを得るような新薬の開発に取り組んでいますが、それができる天然由来の化合物がここにあるのです。」とアーガワール博士は言います。

 

アーガワール博士のチームはすい臓癌実験モデルのマウスの今後の化学予防トライアルで、ニガウリの研究を続けられるよう承認申請をしています。

 

Source: April Flowers for redOrbit.com ? Your Universe Online
http://www.redorbit.com/news/health/1112802158/bitter-melon-may-cure-pancreatic-cancer-031313/

 

Topics: Health Medical Pharma, Anatomy, Oncology, Biology, Medicine, pancreatic cancer, Cucurbitaceae, Okinawan cuisine, Pancreas, Insulin, carcinogenesis, pancreas disorders, Bitter melon, Flora of Pakistan Image Credit: bonchan / Shutterstock

 

ゴーヤのエキスが何故膵臓に特化して集まるのか??食べ物として食べた場合は血中を流れて全細胞に配られるので、この作用を膵臓にもたらすのに、どれほど食べるのか?
無理があるでしょうね。つまりこの実験は動物の膵臓に直接注射した場合の効果と言えます。 ブドウ糖代謝阻害がしっかり起こるのであれば、ダイエット、それに糖尿病のほうにいままでにすでに絶大な効果あり、、とされていても良いと思いますが・・・。
しかし、膵臓癌を治すのに、ブドウ糖を遮断すると効果あり。というのであれば、管理栄養で、ブドウ糖、炭水化物遮断食、ローカーボの食事をすると、一番治しにくい膵臓癌にも効果あり、、と考えられるというのは、すごく嬉しいことですね。

 

 

 

 

【栄養満点のゴーヤ!癌への効能は乾燥ゴーヤの方が高い?】

 

ゴーヤのがんへの効能を引き出すには、そのまま食べるよりもゴーヤを自然乾燥した「乾燥ゴーヤ」の方が、さらに栄養素の効果が高まるとされています。
さらに、生ゴーヤと乾燥ゴーヤの栄養素を比較すると、その他の栄養素の分量も濃縮されることで高まっているとされています。カルシウムが約15倍、ビタミンCが約10倍、そして鉄分に至っては30倍になるといわれているので、ゴーヤの栄養素をより引き出すには、乾燥ゴーヤがおすすめです。

 

【ゴーヤの栄養レシピ@基本のゴーヤチャンプルー】

 

ゴーヤといえば定番のゴーヤチャンプルー。基本の作り方をおさえて、おいしく食べましょう。
まず、ゴーヤは縦半分に切ってスプーンでワタとタネを取り除きましょう。苦みを極力抑えることができます。半分にしたゴーヤはボリュームを出すために斜めに切ります。
油をひいたフライパンを強火に熱したら、木綿豆腐を加えて焼き目をつけましょう。そこに、細切りにしたポークランチョンミートとゴーヤを加え、火が通ったらコンソメスープを加えます。
最後にツナと塩、溶き卵を入れ、軽く炒めたら完成です!

 

【ゴーヤの栄養レシピAゴーヤジュースの効能とは?】

 

ご紹介してきたようなゴーヤの栄養を濃縮して、簡単においしく摂れるとして高い効能が期待できるゴーヤジュース。甘みを加えることで摂取しやすくなるので、ゴーヤが苦手な人にもおすすめです。
まず、ゴーヤの種とワタを取り除き、1本の4分の1の量を粗みじん切りにしましょう。ミキサーに入れやすいサイズに細かくカットしたら、ミキサーにゴーヤとレモン汁、はちみつ大さじ2、水50mlを入れ、スイッチをオン。滑らかになったら完成です!

 

【ゴーヤの栄養レシピBゴーヤとパプリカのマヨソテー】

 

目にも鮮やかなゴーヤとパプリカをマヨネーズで炒めたソテーなら、子どもでもおいしく食べられます。
まず、ゴーヤはまるくリング状にカットして、スプーンで中身をすくい取り除きましょう。パプリカは3センチ幅にカットし、マヨネーズ大1をフライパンにいれて中火で熱します。温まったらゴーヤを入れ、しんなりするまで炒めます。パプリカも加えたら、軽く炒めて火を通します。
その中に汁気をきったツナを加えたらさっと炒め、残りのマヨネーズを加えてさっと炒め合わせます。味がなじんだら出来上がりです!

 

【ゴーヤの栄養レシピCがん予防の効能も!乾燥ゴーヤ】

 

がんへの効能も高いとされる乾燥ゴーヤ。乾燥させることでゴーヤの効能がぎゅっと濃縮され、栄養がアップするのです。
まず、ゴーヤを乾燥させる前にさっと洗って、縦半分に切ってスプーンで種を取りのぞきましょう。キレイに取り除いたら、5o〜7oの厚さにカットします。
薄切りにしたゴーヤをざるなどに、重ならないように並べたら、天日干しにします。半ば乾燥したら、裏返して両面をキレイに乾燥させましょう。
ゴーヤがカラカラに乾燥したら、保存用の袋や瓶に入れ、保存してください。
干す期間の目安は天気の良い日なら3日程度。カビの発生に気をつけて乾燥させてください。
乾燥ゴーヤのもどし方は、お湯や水につけるだけ。簡単に料理などに使えて、苦みも和らぐので、子どもがいるご家庭にもおすすめです。

 

 

■【ポイント5倍】 ダイエットゴーヤ 約3か月分 C-211 送料無料 リプサ Lipusa サプリ サプリメント

【ポイント5倍】 ダイエットゴーヤ 約3か月分 C-211 送料無料 リプサ Lipusa サプリ サプリメント

価格:1,700円
(2020/1/13 10:36時点)
感想(10件)

 

 

山本漢方 ゴーヤ粒100% 280粒

価格:867円
(2020/1/13 10:38時点)
感想(5件)

 

 

ゴーヤー粒 700粒入×2個 送料無料 ゴーヤ サプリメント ゴーヤー ゴーヤサプリ タブレット 比嘉製茶 沖縄産 ベトナム産 ゴーヤ使用 苦瓜 モモルデシン

価格:6,480円
(2020/1/13 10:39時点)
感想(0件)

 

《平戸つる草のエキス》プレミアム マックビー McB 1箱120粒 【サプリ サプリメント ツルレイシ ニガウリ ゴーヤ サプリメント 国産 日本製 平戸産 長崎県産】

価格:9,900円
(2020/1/13 10:39時点)
感想(0件)

 

沖縄ゴーヤー粒 360粒(約30日分) 金秀バイオ正規品 ゴーヤー ゴーヤ ニガウリ 健康サプリメント 健康サプリ サプリメント サプリ 健康食品 栄養補助食品 ビタミン カリウム 鉄分 ミネラル マルトデキストリン 無添加 健康 日本製

価格:3,499円
(2020/1/13 10:40時点)
感想(1件)

 

ゴーヤ粉末(100g)天然ピュア原料そのまま健康食品/ゴーヤ,ごーや,にがうり,ニガウリ

価格:3,280円
(2020/1/13 10:41時点)
感想(5件)

抗がん剤より強く優秀!!癌細胞を攻撃する「天然酵素」とは?

実は、植物界のある天然の酵素がガン細胞を抗がん剤より殺す事が研究で明らかになり、ずっと研究され続けています。

 

@消化酵素(膵酵素)

 

膵臓で作られるタンパク質の一種です。食べ物を消化して、食べた物の栄養を身体が吸収しやすく分解してくれます。(下記参考)腸内での消化活動をスムーズにしてくれます。

 

・炭水化物→アミラーゼ

 

・脂質→リパーゼ

 

・タンパク質→トリプシン

 

 

A代謝酵素

 

消化酵素によって身体に吸収されたエネルギーを(呼吸や身体を動かしたり、新陳代謝・細菌やウイルスと闘う・新しい細胞を作る・身体の傷などの細胞修復)などに、使用する際に使われる酵素

 

 

B食物酵素

 

発酵食品やフレッシュ野菜・果物・魚など食べ物から摂取する酵素

 

酵素ドリンク等として販売されているのはこの食物酵素の事です。

 

 

■なぜ癌治療に「酵素」が必要なのか?

 

癌細胞はタンパク質の膜に覆われています。このタンパク質の膜が取れると、免疫細胞である白血球が癌細胞に攻撃し殺す事ができます。しかし、この膜のタンパク質を通過できないと、癌細胞は増殖してゆきます。これを通過できるのは、酵素なのです。

 

 

先程、酵素には3種類あると説明しました。本来であれば、@消化酵素とA代謝酵素で身体は上手く巡回するのですが、ストレスや不摂生、害などによって人間の身体には酵素が不足している状態です。不足していると、Aの代謝酵素が上手く働かない為、病気になりやすくなったり、代謝が下がります。その為、Bの食物酵素で食べ物から大量に酵素を摂取する必要があります。

 

 

■抗がん剤より強く優秀!!癌細胞を攻撃する「天然酵素」とは?

 

実は、植物界のある天然の酵素がガン細胞を抗がん剤より殺す事が研究で明らかになり、ずっと研究され続けています。

 

その1つで強力だとされているのが「パイナップル」の成分である、「ブロメライン」です。ブロメラインは抗がん作用があり、癌の化学療法で使用されている抗がん剤「5−フルオロウラシル」よりも抗がん作用が高いという実験結果も出ています。

 

それは、「選択的細胞毒性」という性質を持つ為です。
この選択的細胞毒性という性質は、他の健康な細胞には全く影響を与えずに、癌細胞だけに攻撃します。
つまり、天然酵素は、健康な細胞と癌細胞の区別ができるのです。

 

これは、自然界に存在する物質にしかない特殊な性質です。

 

どんな抗ガン剤や優秀な化学治療も、この性質を真似る事はできません。

 

■癌患者に足りない成分とは?

 

ロニ・デラズ博士やエドワード・ハウウェル博士などの癌研究者の見解でも、体内に酵素が多い程、免疫防御システムがガン細胞を特定する事ができ、癌患者の体内には、酵素が不足していると言っています。また、人間の寿命はその人の酵素の消耗と深い関係があると追及しています。

 

 

酵素は、体内の生化学的反応を刺激したり加速させる、天然のたんぱく質です。
.
酵素は、その多くが膵臓で作られますが、食べ物を分解して、血中に栄養素を取り込むのを助けます。代謝酵素は、新しい細胞を作ったり、血液、組織、器官内の傷ついた細胞を修復したりします。
.
ほとんどの代替医療の専門家は、消化酵素を摂ることの重要性を分かっています。これは、我々が歳を取るにつれてさらに重要になってきます。たいていの人は、酵素というものを逆流性食道炎とか、裂孔{れつこう}ヘルニア、胃潰瘍などの消化器系の問題がある人にしか必要ないと思っていますが、酵素は実はガンの治療には非常に重要で、軽く見られるべきものではありません。
.
酵素は、一つの物質を違う物質に変えたり、膵臓、肝臓、免疫機能をサポートしたりしているからです。
.
1900年代初めに、イギリスのジョン・ビアード博士はすい酵素がガン細胞をやっつけることを発見しました。1911年、彼はすい酵素がマウスにおいてガンの進行を止め、それが有効であることを実験で実証できました。数十年後に、テキサスの歯科医であるウィリアム・ドナルド・ケリー医師が彼の研究を知って、自身のガンをすい酵素を使って治し、そのすい酵素で他の患者たちも治し始めました。ニコラス・ゴンザレス医師は、ケリー医師の治療を見て大変感銘を受け、今日に至るまで、すい酵素を使ってガン患者を治療し続けています。
.

 

ガン細胞というものは、たんぱく質の膜に覆われて守られています。このタンパク質の膜が取り除かれると、ガン細胞はむき出しになり、体の自然な防御機構である白血球がガン細胞を殺すのに効果を発揮できるようになります。体がもし、ガン細胞を覆っているたんぱく質を通過してそれを破壊できないと、ガンは、増殖して体中に広がって(転移して)いき、体はその細胞が広がっていくのを阻止しようとするので、あちこちにさまざまな独立した腫瘍が出来ます。
.

 

しかし、もし化学療法や放射能療法――それは命や酵素を殺す治療ですが――をやっていると、それは体を破壊することですから、酵素で自身の自然治癒力を上げるということはほとんど効果がなくなります。消化器官は、生の食品を処理するように出来ています。生の食品は、それが一番熟れた状態で摂った場合、その中の酵素がその食べ物を上胃で30〜45分間分解するのを助けます。食品に含まれる酵素は、その食べ物を消化しやすいように分解してくれるのです。そうすると、すい臓は酵素をさらに分泌します。
.

 

ほとんどの人は、この生の状態から程遠い食事をしていますから、酵素がかなり不足しているため、生化学反応の多くは大幅に妨げられています。これに化学療法と放射線治療が加わると、従来のガン治療でどうして結果がひどいことになるのか、その理由がここで分かるでしょう。
.

 

従来の腫瘍学でさえ、最も致死率の高い、薬の効かないタイプの膵臓ガンを治療する場合、この酵素療法を試みています。 マウスに、腫瘍の周りの堅固な構造を溶かすような分子を注射すると、標準の抗がん剤がより浸透して、ガン細胞を叩きのめせます。
.

 

この方法は、すでに臨床で行われています。酵素の作用とはそこなのです――ガン細胞を含めた、そこに属さない異物を崩壊させる。 酵素は、出くわした細胞を触り、感じ、それとコミュニケーションをしながら、健康な細胞と、欠陥のあるガン細胞との区別が出来るのです。
.

 

ロニ・デラズ博士の言葉:「体内に酵素があればあるほど、免疫防御システムが個別のガン細胞を特定できるチャンスが増える。ガンになる可能性が大きい人は、酵素を摂ることで、そのリスクを減らすことが出来るだろう。最高の結果を得るには、酵素療法をずっとやり続けられるべきだ。ガンになっている人は大量の酵素が必要だし、正常人はそれより少なくても大丈夫だ。
.

 

酵素とタンパク質は体内で行われるすべての化学的作用に必要とされる。細胞、器官、骨、筋肉、組織のすべてが、酵素で動いている。消化器系、免疫系、血流、肝臓、腎臓、脾臓、膵臓と同じように、あなたが見る、考える、感じる、呼吸する、これらの能力もすべて酵素に頼っているのだ。」
.

 

体がちゃんと機能するためには、あなたの摂るミネラルやビタミンすべて、そして体内のホルモンすべてが酵素を必要とします。事実、あらゆる代謝機能――あなたのスタミナ、エネルギーレベル、ビタミンやミネラルをうまく活用する能力、免疫機能――が酵素によって統治されているのです。
.

 

エドワード・ハウウェル博士は自著の「Enzyme Nutrition, The Food Enzyme Concept」の中でこう言っています:

 

我々が調理された、酵素のない食べ物を食べる時、体は消化に必要な酵素を自ら作り出さなくてはいけない・・ この体の他の箇所から酵素を「盗んでくる」ことは、体内のさまざまな冠動脈性心疾患、糖尿病やその他多くの慢性難病の直接的原因になる。

 

引用:トンプソン真理子さんのまりとん塾
https://www.facebook.com/floraoptima.shop/posts/2300794210169591/

 

 

 

パイナップルからのペルオキシダーゼを含むブロメラインは、白血病の増殖阻害を標的とするためにより強力である - ブロメラインのみとの比較

 

天然抗癌剤ブロメラインは、癌細胞増殖を阻害することにより、胃癌および皮膚癌における単一または複数標的治療のいずれかに有益であることが見出されている。重要なことに、ペルオキシダーゼの存在はその生物学的効率を高める。
ペルオキシダーゼの存在下または非存在下でブロメラインを用いて癌細胞株のパネルを評価し、これらの細胞株すべてにおいてより高いアポトーシス誘導能を有することを同定した。ブロメラインプラスペルオキシダーゼ(BM-PR)は、急性骨髄性(K562)細胞増殖を阻害し、形態学的特徴を変化させた。
アネキシンV曝露を用いてアポトーシスの発生が確認され、細胞周期がG0 / G1期に濃度依存的に停止することが確認された。
BM-PRは、細胞内ROSレベルを増加させ、ジクロロフルオレンジシンジアセテート(DCFDA)を用いて検出されるように、ミトコンドリア膜電位を変化させた。
これはまた、ウェスタンブロット分析によって決定されるように、p53のアップレギュレーションを引き起こす他に、Bax、Bcl2、カスパーゼ-3およびシトクロムのようなアポトーシス関連タンパク質の発現を調節した。
これらの結果は、パイナップル由来のBM-PRは、おそらくミトコンドリア依存性経路を介して急性骨髄性白血病細胞におけるブロメラインよりも優れたアポトーシスを誘導することを示唆している。

 

引用 :https://bibgraph.hpcr.jp/abst/pubmed/30453006

|UAE|科学者グループ「蜂蜜が癌細胞の増殖を抑制する」と発表


 

【アブダビWAM】

 

アル・アインを拠点とするUAE大学の研究グループが、マヌカ蜂蜜が乳房、皮膚、大腸にできた癌性腫瘍の増殖を効果的に抑制することを発見した。

 

研究者らは動物の癌腫瘍を対象にした臨床研究(5年以上行なっている)において、化学療法と並行してマヌカ蜂蜜を静脈投与した結果、概ね被験動物の生存率に改善が見られた。」と2月25日、地元英字日刊紙が報じた。

 

 

蜂蜜には、従来から薬効効果(とりわけ抗菌作用や傷を治癒する作用、様々な肌のトラブルを緩和する作用等)があることが知られている。「マヌカ蜂蜜にはかなり以前から、抗菌作用に加えて抗炎症作用や創傷治癒促進作用があることが知られています。しかし、癌細胞に対する潜在的な効果については、詳細な研究はされてきませんでした。」とUAE大学医療保健学部医微生物学・免疫学科長のバゼル・アル・ハマディ教授は語った。

 

0012Rramadi_b
アル・ハマディ教授は、「チームは研究に3種類の異なる癌細胞(乳癌、皮膚癌、大腸癌)使用し、僅かな量のマヌカ蜂蜜(最少で1%程度)を投与するだけで癌細胞の成長を最大70%阻止することができることを立証しました。」と語った。

 

同教授によると、研究者らは、この臨床結果を受けて、癌抑制機能に関するマヌカ蜂蜜の分子基盤を解明すべく、様々な実験に着手してきたという。「私たちはこの臨床研究の結果から、マヌカ蜂蜜は癌細胞に直接的に働きかけてアポトーシス(プログラムされた細胞死)を引き起こす決定的な証拠を得ました。」とアル・ハマディ教授は語った。

 

アポトーシスとは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死のことである。

 

「マヌカ蜂蜜がもつ効能は、非常に魅力的な研究分野といえます。私たちはこの研究成果が、特定の種類の癌に対して新たな治療方法を開拓する可能性を感じています。」とアル・ラマディ教授は語った。
220px-Manuka_flowers_and_native_bee

 

また、この研究からマヌカ蜂蜜には、癌患者に化学療法が適用された際に問題となる副作用を軽減する特性が備わっていることが明らかになっている。

 

ラマディ教授率いる研究チームの成果は、最近著名な国際科学雑誌「Plos」に掲載された。チームは、タワン病院腫瘍科及び外科との協力のもと、引き続き研究を進めている。

 

タワン病院は、国内で最も包括的な腫瘍治療施設を備えた医療機関で、癌患者の最大8割が登録している。

 

マヌカ蜂蜜は、ミツバチがニュージーランドの大部分とオーストラリア南東部に自生するマヌカの木(学名:Leptospermum Scoparium)から採集した花の蜜を巣の中で加工・貯蔵したものである。

フコイダンは癌細胞のアトポーシスを引き起こす

 

低分子化フコイダン研究の動機

 

九州大学大学院の白畑教授が低分子化フコイダンの研究をはじめたのは、2002年に知り合いの医師を通じて「低分子化フコイダン」を知ったことが始まりでした。
その医師から聞いたのは、初期のがんではなく転移・再発した進行がんで、もう治療の手立てがなく、余命宣告を受けた患者さんのケースでした。4cmもあった腫瘍はなくなり、腫瘍マーカーも正常値に戻るなど、想像を超える検査結果が出ていました。主治医はもちろん、低分子化フコイダンを勧めたその医師も、にわかには信じがたい治療効果でした。
患者さんが飲んでいた低分子化フコイダンは、モズクやコンブ、ワカメなどの褐藻類から抽出されたぬめり成分です。その分子サイズを小さくし、濃縮した液体が低分子化フコイダンというサプリメントです。
低分子化フコイダンは白畑教授のライフワークである「水や食べ物で、がんを治せないだろうか」の観点から「これは、いけるかもしれない」と直感的に思われたそうです。
しかし、一つだけの著好例を根拠にすることには不安もあったそうです。
そこで、低分子化フコイダンの基礎研究としてフコイダンのアポトーシス誘導効果(細胞が自然に消滅に導く作用のこと)をはじめ、そのメカニズムを一つひとつ検証することにされたそうです。
また、それと同時に低分子化フコイダンを取り入れた統合医療を実践する医師と、症例の蓄積や検討を積み重ねることを始められました。

 

 

低分子化フコイダンに関する基本データ

 

フコイダンは、抽出する海藻によって構造が異なります、白畑教授が研究し、当会の協力医師たちが臨床で応用している「低分子化フコイダン」の原料となっているのは南太平洋のトンガ産のモズクです。
糖はフコース73%、キシロース12%、マンノース7%、グルコース4%、ガラクトース4%という割合で含まれます。他にグロクロン酸とガラクツロン酸も含んでいます。硫酸基は14.5%含みます。主にL-フコースという糖で構成されていて、硫酸基の含有量が多いのが特徴です。
フコイダンはトンガ産モズクから有機酸を用いて抽出します。その後脱塩をし、特殊な酵素で20万?80万だった分子量を500以下まで低分子化を行います。
低分子化フコイダンの安全性を確認するためエイムズ法という遺伝毒性試験により安全性を確かめました。これは、低分子化フコイダンが生物の遺伝子に影響を及ぼすかどうかを調べる試験です。低分子化フコイダン抽出物の遺伝子突然変異誘発性はないという結果が出ています。
また、マウスでの急性毒性試験でも異常はなく、低分子化フコイダンは人体に用いても安全であると考えられます。
多くの研究者によって低分子化フコイダンはがん以外の作用では、ピロリ菌、潰瘍、アレルギー、炎症など幅広い症状を抑える機能を持っていることが考えられることが分かっています。

 

フコイダン主鎖の基本骨格

 

フコイダンのこれまで知られている機能

 

低分子化フコイダンの大腸がん細胞増殖抑制についての実験動画

 

 

フコイダンの免疫力を高める作用

 

免疫力というのは、本来人間が自分の体に備えているものです。体内にがん細胞などの異常なものを見つけたら、攻撃して排除する機能です。
しかし、免疫力が弱っているとその働きが低下し、がん細胞をやっつけるどころか成長を許してしまいます。がんの予防や治療には、免疫力は大変重要なカギを握ります。
低分子化フコイダンを摂取すると、免疫細胞が活性化し、がん腫瘍を小さくする効果が期待できます。そのメカニズムはまだ解明されていませんが、「低分子化フコイダンに豊富に含まれる多糖体が、菌類の細胞壁の成分と似ているため、免疫細胞が病原菌と勘違いして活性化するのではないか」と現段階では推測されます。

 

フコイダンの分子の大きさでがん細胞の抑制に差がでるかどうかの検証実験

 

フコイダンが正常細胞にはダメージを与えないことの検証実験

 

 

 

低分子化フコイダンの即効性

 

低分子化フコイダンを飲んだ患者さんに即効性がみられ、医師たちに驚きを呼んでいる理由は「低分子化」にあると考えられます。がん細胞が栄養として手っ取り早くアミノ酸や糖を接取しようと引き寄せるからだと考えられます。

 

 

低分子化フコイダンの血管新生抑制作用

 

がん細胞の特徴の一つに、血管新生作用があります。自分が増殖するための栄養を確保しようと、血管を伸ばすのです。この血管は非常にもろく出血しやすいため、大きながん組織を手術で切除する場合の大きな課題になっています。新生血管を作らせないようにすれば、がん細胞は「兵糧攻め」にあい、増殖できなくなります。低分子化フコイダンに血管新生抑制作用があると思われる症例が臨床から上がってきています。
研究の結果、低分子化フコイダンにはVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の抑制効果に加え、血管の形成を抑制する作用があることもわかってきました。通常、ヒトの正常線維芽細胞を培養して、その上に血管内皮細胞を加えると、ヒトの血管が形成されます。この時に使用する培地中に、低分子化フコイダンを処理したがん細胞の培地と処理しないがん細胞の培地を添加したところ、低分子化フコイダンを処理したがん細胞の培地を添加した場合に、血管形成が明白に抑制されていました。
これらの研究結果については、「海藻モズク由来の酵素消化フコイダン抽出物は腫瘍細胞の浸潤及び血管新生を阻害する」と題した論文にまとめ、国際学術雑誌「Cytotechnology」に発表しました。

 

低分子化フコイダンの血管新生抑制を検証する実験

 

 

低分子化フコイダンのアポトーシス誘導作用

 

正常細胞がアポトーシス(自然死)するのに対して、がん細胞は寿命がなく、いつまでも生きて増殖し続けるという特性があります。ですから、がん細胞にアポトーシスを起こさせれば、がんの増殖を防ぐことができると考えられます。
研究の結果、低分子化フコイダンは、がん細胞だけを選んで働きかけ、アポトーシスを誘導する性質があることがわかってきました。
細胞がアポトーシスを起こすとDNAの量が減少することから、フローサイトメトリーでレーザー光線を細胞に当ててDNAの量を測定し、アポトーシスの発生の有無を調べました。そうすると、DNAの量が減っていたのはがん細胞だけ。正常細胞はまったくアポトーシスを起こさず、がん細胞だけに低分子化フコイダンが作用しているという極めて画期的な結果を得たのです。
また、ヒト線維芽肉腫細胞株HT1080細胞を、低分子化フコイダン抽出液を加えたものと、細胞のみのものを、48時間観察しました。すると、低分子化フコイダンを加えたがん細胞は次第に丸くなって動きが止まり、さらに、細胞の内容物があふれ出し、アポトーシスを起こしている様子が観察できました。

 

 

低分子化フコイダンによるアポトーシス観察実験の動画

 

低分子化フコイダンが、がん細胞にアポトーシスを起こすことの検証実験

 

低分子化フコイダンが正常細胞にはダメージを与えないことの検証実験

 

 

フコイダンはあきらめず、何度も攻撃する

 

乳がん細胞であるMCF-7について低分子化フコイダンがアポトーシスを起こすメカニズムを調べました。その経路には、二つの方法があることがわかりました。まず一つ目が、細胞表面で、デスレセプターにスイッチを入れ、細胞内でカスパーゼというアポトーシスを引き起こすタンパク質分解酵素を働かせてDNAをずたずたに引き裂くという仕組みです。他方は、低分子化フコイダンがミトコンドリアから、アポトーシス誘導因子(AIF)を放出させて、カスパーゼには頼らずDNAを断片化して、アポトーシスを引き起こします。がん細胞の中には、カスパーゼの機能が壊れて働かないものがあるため、「カスパーゼ非依存型アポトーシス経路」を低分子化フコイダンが導きだすというのは、非常に意義があることです。
低分子化フコイダンを例えるなら、「何度倒されても、あきらめずに立ち上がる正義のヒーロー」とでもいいましょうか。カスパーゼという必殺の武器が使えなくても、あきらめずにアポトーシス誘導因子という別の手段を見つけ出して、がん細胞を退治しようと東奔西走してくれている…そんなイメージで理解していただければと思います。

 

 

低分子化フコイダンの研究発表

 

低分子化フコイダンについての数々の研究の成果を、論文や学会での発表で多くの人に広めています。生物学、医学、薬学などさまざまな分野の専門家に驚きを持って受け入れられ、非常に興味を持ってくださる人も増えています。
生物医学の分野において世界最高水準の研究機関であり、ノーベル医学・生理学賞の選考委員会を有することでも知られている、スウェーデン国カロリンスカ研究所に4度招聘され研究発表の場をいただきました。
また、2008年2月には、カロリンスカ研究所の先生を九州大学に招聘しました。その時来日した毒性学分野の世界的な権威からは、「正常細胞にダメージを与えず、がん細胞の表面糖鎖に作用しアポトーシスを起こすという研究は他で聞いたことがない。低分子化フコイダンのメカニズムを研究すれば優れた論文ができるのではないか」と大いに興味を持たれ、引き続き研究を行うよう励まされました。
国内では、2008年の第67回日本癌学会学術総会で「酵素消化低分子化フコイダン抽出物によるガン細胞のアポトーシス感受性増強効果」を発表。2年後の第69回日本癌学会学術総会では「酵素消化低分子化フコイダン抽出物による癌細胞特異的細胞死及び糖鎖合成経路の改変誘導」について発表し、2011年には中国・大連で開催された「2011第四届世界癌症大会」でも同様のテーマで発表を行いました。
現在、フコイダンは医薬品ではないため、病気がよくなるといった臨床効果をうたうことはできません。しかし、地道に実験を積み重ね、さらに臨床での症例を増やしていることで、統合医療の一つの手段としての評価が非常に高まっているように感じます。

 

 

引用:https://www.tougouiryou.jp/fucoidan/

 

■フコイダン
シーフコイダン ノーマルタイプ900mlx2本|フコイダン 無添加トンガ産モズク使用・低分子化フコイダン(海藻ドリンク)| 低分子フコイダン フコダイン fucoidan 国産 日本製
価格:28,300円
(2020/2/1 19:21時点)
感想(1041件)

シーフコイダン ノーマルタイプ900mlx2本|フコイダン 無添加トンガ産モズク使用・低分子化フコイダン(海藻ドリンク)| 低分子フコイダン フコダイン fucoidan 国産 日本製

価格:28,300円
(2020/2/1 19:21時点)
感想(1041件)

 

 

■フコイダン
超高濃縮・沖縄もずくフコイダンロイヤル3個セット・10%引【smtb-k】【kb】
ショップ名:漢方・代替医療の仁川薬局
価格:77,760円

超高濃縮・沖縄もずくフコイダンロイヤル3個セット・10%引【smtb-k】【kb】

価格:77,760円
(2020/2/1 19:26時点)
感想(19件)

 

 

超高濃縮・沖縄もずくフコイダンロイヤル1個(90カプセル入)【smtb-k】【kb】

価格:28,800円
(2020/2/1 19:27時点)
感想(5件)

 

 

 

 

 

■フコイダン
【送料無料】【パワーフコイダン 1800ml 無糖タイプ】(ハチミツ無添加) 液体一升瓶タイプ 正規販売代理店【第一産業 正規品】

【送料無料】【パワーフコイダン 1800ml 無糖タイプ】(ハチミツ無添加) 液体一升瓶タイプ 正規販売代理店【第一産業 正規品】

価格:48,340円
(2020/2/1 19:17時点)
感想(15件)

余命宣告を受け、今も生きている父が食べている味噌

 

 

広島大学の渡邊敦光名誉教授【研究成果】味噌が脳卒中を抑制 〜日本人の長寿の秘訣が明らかに〜
広島大学大学院の医歯薬保険学研究科のホームページ

 

広島大学渡邊敦光名誉教授と広島大学大学院医歯薬保健学研究科吉栖正生教授らの研究グループは、味噌の効能について科学的な研究を行いました。疫学的に、味噌は胃がん、肺がん、肝腫瘍、大腸がんや乳がん等を予防することが報告されており、動物実験の結果として渡邊らは胃がん、肺腺癌、大腸がん、肝臓腫瘍等に、他の研究室からは乳がんに一定の予防効果があることを明らかにしています。
がん以外でも最近、味噌を食べても血圧は上昇しないという疫学的な結果や、渡邊による動物実験の結果が報告されています。特に血圧については動物実験で追試が行われ同じ結果が報告されています。さらに閉経後の女性においてイソフラボンを多く取ることで脳卒中や心筋梗塞が抑えられること、味噌には弱いながら同様の抑制効果が認められることが国立循環器病研究センターから報告されています。
このように味噌には、がんのみならず生活習慣病の改善効果が期待されます。

 

 

マルカワみそ 自然栽培みそ 未来 400g

価格:1,350円
(2020/1/13 09:30時点)
感想(5件)

 

 

味噌でがんを予防する!味噌の医学的な効果がすごすぎる

 

 

 

味噌力

 

 

味噌をまいにち使って

よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ! いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者今あるガンが消えていく食事  余命宣告からの生還 (胃、肝臓から前立腺、卵巣のガンまで消えた)済陽高穂(わたようたかほ)著

 

免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ

 

 

ビタミンDとケトン食 最強のがん治療 (光文社新書)

 

 

ケトン食ががんを消す (光文社新書)

 

 

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』

 

 

治療のための継続できるケトン食レシピ

 

 

癌は食事で治す

 

 

 

最強の自然医学健康法

 

 

 

夫の癌を消した最強の食事


 

 

今ある癌が消えるレモン・にんじん・りんごジュース

 

 

がんで余命ゼロと言われた私