どうして性欲を感じるの?

どうして性欲を感じるの?

 

 思春期になると、誰もが性欲を感じるようになる。性欲とは、稟性などと触れ合ったり、セックスしたいという欲求のことだ。
性欲は子孫を残すための大切な本能でもある。

 

 ヒト以外の動物では、脳の中の視床下部と大脳辺縁系(動物の筋)という本能的な脳が、性欲をコントロールしている。
一方、ヒトの場合は、まず性的な刺激を外から受けると、それが大脳新皮質(だいのうしんひしつ)へ伝わる。
大脳新皮質とは、高等な動物ほど発達している新しい脳だ。大脳新皮質が性的興奮を感じると、それが祝床下部や大脳辺縁系へ伝わり、性欲を感じるようになる。
そして、たとえ性欲を感じても、性的な行動を起こすかどうかは、大脳新皮質が判断する。これがほかの動物ともっとも異なる点だ。
 要するにヒトは、性欲を大脳新皮質でコントロールしているのだ。

 

その結果、ヒトは性行為を楽しむことができるようになった。
性的な触れ合いを通じて、絆を深めることができるようになったのである。
 ヒトの場合、直接的には、見たり、聞いたり、さわったりといった外的刺激によって、性欲が起きる。だが、おもに大脳新皮質が性欲をコントロールしているため、性欲を感じる刺激は人により異なる。それまでの体験や学習による影響も大きいのだ。
たとえば、女性の足を見ただけでも強い性欲を感じる人もいれば、全く何も感じない人もいるということだ。
一般的に男性の方が女性よりも性欲が強い。これは男性ホルモンの影響が強く受けているからだ。
さらに男性の方が視床下部の性欲を感じる部分が大きいからだと推測される。

 

また、男女ともに年齢を重ねると、性欲も減退していく。とくに女性は生理が無くなる閉経期後は女性ホルモンの分泌も減少するため、性欲が減退することが多い。

性欲記事一覧

セクソロジー(英語表記)sexology性科学。人間の性行為そのものに関する諸問題を研究する学問。秘私的で表面に出されることの少ない性行為を,正確に生理学的立場で解析したり,統計的調査により統括的に把握することは,宗教的・倫理的立場からの反論や個人的な羞恥 (しゅうち) 心の障壁を打ち破って初めて可能になるが,そのためには性の認識が歴史的に確立されるとともに性と生殖の分離という社会文化史的な流れ,...

「女性は年を重ねると性欲が増す」は誤解? 医師に聞いた男女の性欲の違い産婦人科医・宋美玄(そん・みひょん)先生に聞く「性欲のメカニズム」。性欲の仕組みやパートナーシップとの関係についてうかがった前編に続き、後編では男女の性欲の違いをさらに掘り下げていきます。性欲のスイッチはどこにある?男性と女性、性別によって性欲のあり方は変わるのでしょうか。そう尋ねると、「性別は、そんなにパキッと分断できるもので...

婦人科専門医 関口由紀先生に訊くセルフプレジャー海外ではカップルで楽しむ婦人科専門医 松村佳子先生に訊くセルフプレジャー 女性の性欲と癒し婦人科専門医 早乙女智子先生に訊くセルフプレジャー妊娠中のオナニー女の不感症 マグロ女は、性に対する無知コミュニケーション不足、愛情不足から起こる?PMS(月経前緊張症)産後クライシス・セックスレス

男の不妊症 泌尿器科専門医に訊く 射精障害男 膣不感症の治し方オナニーでしか射精できない方へ〜膣内射精障害克服のために〜男性の膣不感症!遅漏の原因と改善方法オナニーでしか射精できない方へ〜膣内射精障害克服のために〜性機能障害の内、30%は早漏を訴えている【勃起110番】中折れは自律神経失調〜ペニスの硬さと早漏・遅漏は自律神経次第〜セックスで必要な勃起に脳を使うな!〜脳を使わないのがED改善脳トレ〜

わいせつ・性犯罪性犯罪のニュース情報性犯罪 THE SANKEI NEWS「#わいせつ」の検索結果 - Yahoo!ニュース「#性犯罪」の検索結果 - Yahoo!ニュース「#セクハラ」の検索結果 - Yahoo!ニュース「#性暴力」の検索結果 - Yahoo!ニュース性欲をコントロールできない男たち担任の数学教師 女子中学生「わいせつ目的」連れ去り監禁2019年06月28日 09時26分日刊ゲン...

奔放な女性の性行動は依存か?「やめられない」の先にある破滅 依存症幼少期から家族関係も良好、幸せな家庭で育ちました。今は仕事も友人関係も楽しくやっており、人から見たらなんの問題もない、むしろ成功している人間だと思います。ところが、私はもしかしたらセックス依存と呼ばれるものではないかと心配になっております。性欲は子どもの頃から人一倍強かったと思います。小学校にあがる前の幼少期より、自覚なく自慰行為を...

性欲をコントロールする7つの方法性欲を完全にコントロールすることは難しいと言われています。性欲は人間が持つ三大欲求の一つですし、睡眠欲や食欲と並んで強い欲求となります。睡眠や食欲を完全に支配化に置くことができないように、性欲もまた完全にコントロールすることはできません。しかし、努力や工夫次第である程度性欲をコントロールすることも可能ですから、ここではそのためのアドバイスをしたいと思います。自分の性...

日本人の「精子力」が危ない!! 禁欲はNG! 下半身の「放熱」を不妊の原因の半分は男性に40年間で精子が“危険水域”に!「精子力」アップのための7ポイント厚生労働省が、不妊治療を受ける男性への経済的支援を拡充する方針を発表しました。来年度から、治療1回につき15万円の助成を、初回に限って30万円に引き上げ、女性への支援と同水準にするということです。その背景にあるのは、不妊の約半分は男性側に原因があ...

男のオナニーのメリット10選オナニーの頻度は人それぞれです。毎日やる人もいますし、週に何回かやる人、ほとんどやらない人もいます。頻度が多いと、こんなにやっても大丈夫なのだろうかと疑問を感じる人もいるでしょう。しかし、オナニーで得られるメリットも実はたくさんあるのをご存知でしょうか。今回は、オナニーで得られる10のメリットをご紹介します。・正しいやり方で行えばオナニーはメリットがたくさん。・オナニー...

月21回以上の射精で前立腺がんリスク2割減―米調査米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4〜7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。詳細は、3月29日発行の欧州...

元AV女優の大塚咲さん、出演作の販売停止を求めるも「壁」にぶち当たる。元AV女優の大塚咲さんは2012年に引退して以来、写真家・アーティストとしての活動を続けている。2017年に発売された自叙伝『よわむし』(双葉社)のなかで大塚さんは、15歳でレイプ被害に遭ったことを告白。性犯罪被害者は恐怖心を飛び越えようと、性の世界に飛び込むことがある。大塚さんも性が怖いからこそ、荒療治のつもりで性の世界に自分...

私たちは男も女も、チツのことを知らなすぎるのではないか―一人の女性編集者が立ち上がった。その研究の成果とは。「よくまあ、こんなことまで書いた、あまりにも恥知らず、と思う方も多いかもしれません。それでも、専門家の方に取材をし、自分自身で実践したことは必ず役に立つ。そう確信したからこそ、恥を承知で、すべてを明らかにしました」こう語るのは、先月、『ちつのトリセツ 劣化はとまる』を上梓した径書房編集者の原...

私たちは男も女も、チツのことを知らなすぎるのではないか―一人の女性編集者が立ち上がった。その研究の成果とは。「よくまあ、こんなことまで書いた、あまりにも恥知らず、と思う方も多いかもしれません。それでも、専門家の方に取材をし、自分自身で実践したことは必ず役に立つ。そう確信したからこそ、恥を承知で、すべてを明らかにしました」こう語るのは、先月、『ちつのトリセツ 劣化はとまる』を上梓した径書房編集者の原...

ヨーロッパでは膣ケアを行うのはもはや常識で、日本は膣ケア後進国。膣のゆるみや腰痛、冷えなども、実は膣まわりの老化が原因のひとつ。今まではどこかタブー視されていた “膣まわりのお手入れ” について科学的に検証!デリケートゾーンはケアをしないと干からびるという衝撃の事実。でも安心して。お手入れをすることで肌や心に美容効果が得られるから。お話を伺ったのは……助産師・鍼灸師・看護師 たつのゆりこ先生助産院...

物語は、大学に進学したこだまさんが、のちに夫となる青年に学生向けのアパートで出会うところから始まります。幼いころからいつでも周囲に気を遣う子供だったこだまさんが、初日から他人の部屋に平気で入り込んでくるような、自然体の夫に惹かれるのは当然のことでした。しかし、やがて交際するようになったふたりの前に立ちはだかったのが、“入らない”という問題。こだまさんと夫は何度試しても、最後まで性交をすることができ...