セックス依存症候群

セックス依存症候群

奔放な女性の性行動は依存か?

「やめられない」の先にある破滅 依存症

 

幼少期から家族関係も良好、幸せな家庭で育ちました。

今は仕事も友人関係も楽しくやっており、人から見たらなんの問題もない、むしろ成功している人間だと思います。
ところが、私はもしかしたらセックス依存と呼ばれるものではないかと心配になっております。
性欲は子どもの頃から人一倍強かったと思います。
小学校にあがる前の幼少期より、自覚なく自慰行為をしていました。
小学生のとき、どうしても人に体を触ってほしかったので、男子に頼むのはよくないと思い女友達と裸でいちゃいちゃしていました(女性には興味はないです。最中は目を閉じて男性のことを考えていました)。

 

それでも同時に私はいわゆる優等生で、18歳で彼氏ができるまでは実際の性行為はしたことがありませんでした。

引用:https://mainichi.jp/premier/health/articles/20171129/med/00m/010/002000c#cxrecs_s

 

セックス依存症の女性が、AV女優になったり、AV出演している場合もありそうだが、ギャラが彼女たちの出演動機にもなっていることだろう。

「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた

セックス依存症候群

 「セックス依存症」。2009年に不倫スキャンダルで世界を驚かせたタイガー・ウッズが、後にこの病気だったと発覚し、日本でもその病名は一般的に知られるようになった。最近でも、複数の女優からセクハラ行為で告発(Twitterに「#Me Too」のハッシュタグで投稿)を受けている米映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが専門病院でセックス依存症の治療を1週間受けたと、米メディアで報道され、世間を騒がせた。

 

 しかし、日本では、アメリカのようにセックス依存症が話題になることはほぼなく、実態が正しく理解されていないのが現状だ。そこで、多数の患者の治療にあたっており、著書『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)が各メディアで話題を呼んだ、大森榎本クリニック精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)に、セックス依存症の実態、原因や治療について話を聞いた。

 

女性のほうが男性よりもリスクは高い
そもそもセックス依存症とは、どのような病気なのだろうか。

 

「セックス依存症は、『社会的・身体的・経済的な損失があるにもかかわらず、強迫的な性衝動が抑えられず、セックスやマスターベーションをすることがやめられない状態』のことをいいます。男女ともに陥る可能性はありますが、特に女性の場合ですと、不特定多数の人と性関係を持つことで望まない妊娠や人工妊娠中絶、STD(性感染症)になるリスクがあるので、男性よりも事態は深刻であるといえます」

 

 また、セックスをしていない時間が続くと、薬物が切れたときのようにセックスへの渇望感が溢れ出て、心理的な不安やパニック、リストカットや摂食障害などの禁断症状が表れ、それらを抑えるために危険を承知でさらにリスキーな性関係を求めてしまうという。
 男性の場合は、借金をしてまでも風俗通いがやめられないケースが多く、最近ではSNSを利用して手当たり次第、いわゆる “ヤリ目的”で女性と実際に会い、合意があると一方的に認識、強引にセックスをして事件化する場合も少なくないと斉藤氏は語る。さらにセックスだけに限らず、1日中マスターベーションがやめられずに、会社内でも我慢できずに行動化したり、大事な約束に遅刻してしまうなど、やるべきことの優先順位に逆転現象が起こることもセックス依存症のカテゴリーに入るといい、決して侮れない深刻な病気といえるのだ。

 

セックス依存症に陥ってしまう女性の場合は、家庭内性虐待や性犯罪被害など、過去の陰惨な被害体験が大きく影響しているという。

 

「私が出会ってきたセックス依存症に悩む女性たちは、過去に実父や義父、親戚の誰かから性虐待を受けた経験や、レイプ被害に遭ったことのある人が多いです。聞くに堪えない虐待をされて育っているため、自己評価が低く(自分を大切にできない)、セックスの最中だけ相手に抱きしめられ自分が必要とされていると錯覚してしまい、セックスそのものにのめり込んでしまうのです」

 

 一般的に誤解されていることが多いが、セックス依存症とは、ただ快楽に浸り続けているわけではなく、自分の体を大切に扱うことができない自傷行為なのだ。ただ、本人にとっては、不特定多数の男性とセックスを繰り返すことが不安や葛藤、痛みを和らげる鎮痛作用=自己治療の側面もあるため、それが影響して自ら風俗店で働くことを望むケースも少なくない。斉藤氏が勤める榎本クリニックを訪ねてきた女性患者の多くは、セックスだけに限らず、複合的にいくつかの依存症を抱えているという。

 

「年齢層は20代から50代と幅広いですが、性被害のトラウマが原因で、性の問題以外にも、たとえばリストカットや摂食障害、アルコールや薬物依存など、さまざまな症状に苦しんでいて、セックス依存症単体のみという人はごく少数。特に薬物とセックス依存症は併発するケースが多いです」

 

過去の性暴力被害がセックス依存症に陥ってしまう大きな要因ということだが、どのような治療法があるのだろうか。

 

「通常は、専門的な技法を用いたトラウマ治療もありますが、基本は個別のカウンセリングに加え、性被害に遭った人たちでグループになり、自分の体験を分かち合うことで、仲間から受け入れられているという経験を通して、少しずつ日常を取り戻していきます。つまり、仲間から受け入れられる共感的なプロセスを通して『今の自分で大丈夫なんだ』と自己受容できるようになることが治療の中では重要です」

 

 斉藤氏によれば、逆説的にはなるが、「自己破壊的に見える性的逸脱行動を無理やりやめさせるようなことはしない」そうだ。「どんな深刻なアクティングアウト(行動化)があっても、動揺せず『そのままのあなたでいいんだよ』と患者にメッセージを伝え続けることが、長い治療関係の中では重要」なのだという。

 

 これはマラソンの伴走に似ていて、必要なときは声をかけ励まし、倒れそうになったら手を貸すこともある。しかし、長い道のりを常に横で見守っている、そんなイメージだ。

 

「本人にとって、セックスは生き延びるために必要なことだから、これまで自己破壊的に見えたとしても続けてきたわけです。それを周囲が無理矢理やめさせようとすればするほど、恥の意識や罪悪感が強まり、逆効果になります。極端な場合、自分の支えとなっていたものが急になくなって、その反動で自死してしまうケースもあります。そのため、『今どうしてもとめられないなら、必要なんだからやっててもいいよ。そんなことで私たちはあなたを責めたり見捨てたりはしないよ』と、肯定的なメッセージを送り続けることが大切なのです」

 

 痴漢や強姦などの性犯罪は、直ちにやめさせないといけないし、言うまでもなく再発防止に最も力を入れなければいけない。しかし、セックス依存症の場合は、「再発は回復のプロセスである」という捉え方で、やめることを強制することはかえって逆効果になってしまうのだ。完治するのは困難だが、苦しい時期を経て一生のパートナーと出会い回復していったケースも多いという。まずは、セックス依存症が「ただのセックス好き」とは違うことを理解し、悩んでいる人がいれば、専門治療機関につなげることが重要なのではないだろうか。
(福田晃広/清談社)

 

出典:「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた
URL:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzowoman_201801_post_168671/

 

タイガーウッズも罹ったというセックス依存症
複数の愛人との不倫が発覚し、セックス依存症(性依存症)であることを告白。
そのことが原因で妻とも離婚することになったプロゴルファーのタイガーウッズ
では、タイーガーの病気とされたセックス依存症(性依存症)とは何でしょう?

 

性依存症(セックス依存症)とは?
性依存症は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。

 

主に性行為(性交渉)への依存が多いため
セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。

 ※ Wikipediaより抜粋

 

ストレスを不特定多数の人とのセックスで解消しようとする状態。
 ※ 大辞林より抜粋

 

医学的には精神疾患である依存症の1つに挙げられ、性行為への依存度が高い為、「セックス中毒」とも呼ばれている症状とされています。

 

多くの著名人がセックス依存症とされていますが・・・
著名な方の性依存症患者としては、タイガーウッズ氏の以外にも、元アメリカ合衆国大統領のビル・クリントン氏ほか、大物ハリウッド俳優などが多くいますが、セックス依存症という名称を広めたのはタイガーウッズ氏になるでしょう。

 

ただ、性依存症だという著名人は、その多くがスキャンダルが表沙汰になった男性であることから、男性特有の症状というわけではないにしても、男性の方が表面化しやすい傾向にあるといえるでしょう。

 

いくらかの治療法が公開されているようですが、多くは心療内科などでの心理療法が占めているようです。アルコール依存症などの薬物治療が可能であれば良いのですが、精神的要因が主だからなのか、性欲を抑える薬はあるものの、他に薬物療法はあまり紹介されていません

 

通常であれば性欲は年齢と共に衰えていく為、生涯抱えていかねばならない難病とまでは認定されていないことから、画期的な特効薬が発明される可能性は低そうです

 

セックス依存症って何? その症状と克服法とは

 

WHAT IS SEX ADDICTION AND CAN IT BE OVERCOME?

セックス依存症候群

 

報道によると、ハーヴェイ・ワインスタインがセックス依存症の治療を受け、リハビリ施設から出てきたようだ。30件以上もの性的暴力やハラスメントで告発されている彼だが、アリゾナにある施設でわずか1週間の集中セラピーを受けたという。彼が受けた診断は、彼を性犯罪者としての責任から解放してしまうのではと多くの人々から不信感が寄せられている。しかし、セックス依存症とはいったい何なのだろう? どんな状態や症状、原因がそのように定義されるのか、また克服できるものなのか。イギリスにあるカウンセリングセンター『ハーレーセラピー』と、依存症治療センター『メリルボーンセンター フォー サイコロジカルセラピーズ』それぞれの専門家に話を聞いてみた。

 

セックス依存症の人を、医学的にはどう表現しますか?

 

ドクター・シェリ・ジェイコブソン(『ハーレーセラピー』臨床ディレクター)は、こう説明する。「ネガティブな結果になるにもかかわらず、衝動的な回避の道具としてセックスを利用する人、そうすることを止められない人のこと。たくさんセックスするとか、特定のタイプのセックスが好きな人がセックス依存症なのではありません」

 

ドクター・タディウス・バーチャード(『メリルボーンセンター フォー サイコロジカルセラピーズ』臨床ディレクター)は、こう示唆する。「セックス依存症とは、我慢できない感情を麻痺させるために性的な行動をとること。私たちのクリニックでもっともよく見られる感情の状態は、鬱、ストレス、不安、孤独、恥、退屈です。神経科学に関連した理由で、これらの行動はエスカレートし、繰り返すようになります。addict(依存症)という用語は、ラテン語で“縛りつけられる”という意味の“addicere”からきており、あたかも誰かにコントロールする力を奪われてしまったかのように、自分ではどうすることもできなくなってしまうのです」

 

どんな症状がありますか?
ジェイコブソン:「習慣が依存症のレベルに達すると、日常生活の機能によくない影響を及ぼしているにもかかわらず止めることができなくなります。つまり、セックスのことを考えたり、セックスを求めたり、セックスをすることが恋愛関係を低迷させたり、きちんと仕事ができなかったり、自分の健康に気をつけなくなったりし、自分でもそれがわかっているのに止められないのです。もし行動がこのカテゴリーに入ったら、依存症の領域に入ったといえます。また、一般的にはどんな依存症も隠している人が多いというのが特徴です。他人にはわからないところでやっていることが多く、セックス依存症も例外ではありません。秘密主義は恥の感情と深いところでつながっていることがよくあるのです」

 

バーチャード:「たいていは性的行動に絶え間なく夢中になり、それがエスカレートしていくパターンです。こうしたパターンは親密さを欠いていることが多いですね」

 

セックス依存症と性的犯罪者はどう区別するのですか?
ジェイコブソン:「定義はその国の法律や都市によってさまざまです。しかし、心理学的にいうと、性的犯罪者は他人を征服する必要があるという衝動に突き動かされています。相手を卑しめたり破壊したりするスリルや、力を持っているという感覚からくるもので、セックスそのものからではありません。一方、セックス依存症では相手は重要ではありません。性的な考えや行動が重要で、それらが感情的な痛みからの逃避を提供してくれるのです。ほかの大きな違いとしては、セックス依存症の人は自分自身を責め、罪悪感や恥の感覚に陥ります。一方で、性的犯罪者にはそうした罪悪感や相手を責める気持ち、自分の行動に対する言い訳といったものがないことが多いのです」

 

バーチャード:「難しい質問ですね。魅力的な女性との関係を求めて言い寄るのは男性の本質です。人間という生き物の普遍的な性質なのです。もしこうした口説きが無制限になったり、強制的になったり、暴力的になったりしたら、それは“積極的”から、犯罪者(捕食者)にシフトしていると思いますね。また、捕食を意味するプレデターという用語は、男性の行動の積極的な面を特徴づける際にも使われます。私は男性の積極性を病的とはとらえず、男性と女性の相互関係における自然な構造だととらえます。とはいえ、明らかに積極性と捕食との間にははっきりとしたラインがあります。

性依存症は専門治療を 回復可能な病気「偏見なくしたい」

セックス依存症候群

公に語られることの少ない性依存症がテーマの漫画「セックス依存症になりました。」が、集英社のインターネット上のコミックサイトで連載され、話題だ。性的な衝動をどうしても抑えることができず、繰り返し浮気をしたり風俗店に通ったりする行動は、治療が必要な病気であること、回復が可能なことを作者の実体験を基に紹介し、正しい理解を呼びかけている。 (編集委員・安藤明夫)
セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

セックス依存症候群

 作者の津島隆太さんは、首都圏在住の四十代の漫画家。昨年四月に同社のサイト「週プレNEWS」で始まった連載は、毎週金曜に更新され、無料公開されている。
セックス依存症候群

 津島さんは、若い時から多くの女性と、次々に性的な関係を持ってきた。しかし、数年前、同居していた若い女性に以前の恋人との仲を疑われ、激しい暴力を受けたことをきっかけに、精神的に不安定になった。

 

 心療内科を受診すると、他人に比べて高い性的なものへの関心、すぐに性行為を求めてしまうなど女性との付き合い方のいびつさを指摘された。

 

 また、幼少期に父親から虐待を受けた経験が、相手をコントロールしたいという欲望につながっていることにも気付く。
診断の結果は「性依存症」。医師から「病気であることを自認することが治療への第一歩」と指導され、カウンセリングなどを経て、性依存症者の自助グループを紹介された。

 

 出会ったのは、痴漢や盗撮、下着窃盗などの経験者。売春をやめられない女性もいた。当初は「この人たちとは違う」と腰が引けたが、過去の体験を隠さずに話し、再び問題を起こさないよう支え合う姿に心が動いた。

 

 津島さんもとうとう、誰にも話せずにいた「性行為をすることで女性の心を支配したい」という衝動について打ち明けた。

 

 回復への道のりは長く「物語はまだまだ続きます」と津島さん。体験の作品化を思い立ったのは、性依存症への偏見をなくすため。「芸能人がお酒や薬物で問題を起こせば、依存症、つまり病気と認識されるようになったけれど、性の問題は個人の問題として人格を攻撃されるだけ。治療が必要で、回復もできることを多くの人に知ってほしい」と話す。単行本にまとめて出版するのが次の目標だ。

 

 漫画を監修した大森榎本クリニック(東京)の精神保健福祉部長斉藤章佳さんは「性依存症は、まだ知名度が低く、性欲の問題に矮小(わいしょう)化されて語られることが多い」と指摘。漫画にはさまざまな当事者が登場するが、「どの人もその行為によって社会的、身体的、経済的に損失を受けているのに、やめられない。それが依存症。作品を通して正しい理解が広がり、一人でも多くの人が専門治療を受けるようになることを願う」と話している。

 

 <性依存症>性交渉やポルノへの過度な執着、痴漢行為、強迫的な売買春、性的ないたずら電話などの行為に性的な興奮や刺激を覚え、自分でコントロールできなくなる状態を指す。アルコール、薬物などの「物質依存」に対し、ギャンブル、買い物依存などと同じ「行動依存」に分類される。精神医学の世界では、依存症に含めることに賛否両論があり、治療できる医療機関や自助グループはわずか。

 

プレビュー
私は元彼が性依存症でした。最初に性犯罪をしたと聞いた時、「え?!この人が?!」と本当にごく普通の男性なのでびっくりしました。彼の辛さって言うのは彼にしかわからないです。私が考えてるよりずっと辛いと思います。
この漫画を読んで多くの方が勇気をもらえてると思います。彼にもすすめてみようかなと思います。
ありがとうございます。

 

自分の体験を描く下手な絵の漫画にうんざりしていたので、プロの絵、見せ方も楽しませてくれるこの連載を本当に楽しみにしています!
大江健三郎の性的人間思い出しました。

 

この物語について 比較的、女性にモテて、セックスを中心に人生を生きてきた主人公・津島隆太。 過去に付き合った女性との浮気を疑われ、彼女から暴力を受けた彼は、その頃から体に異変を感じ始めていた。 気軽に心療内科を受診してみると、診断は「セックス依存症」...。 ここから始まる地獄の日々と回復への道を探る物語である。
セックス依存症になりました
出典:週プレNEWS TOPコミック―セックス依存症になりました。
URL:https://wpb.shueisha.co.jp/comic/2018/04/13/102935/

セックス依存症チェック
彼と離れていると不安…それ「恋人依存症」かも!?
「彼に強く愛情を求めてしまう」、そんな人は要チェック!

セックス依存症候群

恋人があなたにとって「かけがえのない人」であることは当然のこと。でも依存しすぎたら、彼との関係もあなたの人生も台無しになってしまうかも? 

 

恋人と互いに愛し合い、関係を育んでいくのは最高の喜びです。さまざまな壁を乗り越えていくことさえ、楽しいと感じる時期もあるでしょう。確かに恋愛は素敵なことですが、相手に依存しすぎてしまうのはお互いのプラスになりません。

 

しかし困ったことに、人間の脳には「誰かに依存したい」という気持ちを高めてしまう機能が備わっているそうです。オーストラリア アデレード大学健康科学学部の助教授であり、依存の研究をしているフェムケ・バイスマン=ペイルマン博士は「人は恋に落ちると(初恋の場合は特に)、ドラッグやアルコールを摂取したときのような陶酔感を味わいます。しかし新しい恋への高揚感がなくなったとき、『相手に(精神的な意味で)依存したい』という感情だけが残る場合があるのです」と語っています。

 

40年以上もカップルのカウンセリングを行い、恋愛エキスパートとして知られるマーガレット・ポール博士によると「アルコールや食べ物への依存と同様、人は『人』へ依存してしまうことがある」とのこと。「これは一種の自己放棄とも言えるでしょう。自分の感情にフタをし、誰かが感じたことをまるで自分の感覚であるかのようにすりかえ、責任転嫁してしまうのです」

 

つまり健康な精神や積み上げてきたキャリア、恋愛以外の人間関係、そういったものをすべて破壊してしまうほど、自分の感情や感覚を失ってしまうことがあるのです。

 

下記のリストは、コスモポリタン アメリカ版がバイスマン=ペイルマン博士とポール博士に聞いた「恋人への依存傾向にある人のサイン」に、恋愛&セックス依存症の診断に使われる定番のチェック項目を加えたもの。「これって、私のこと!?」とドキッとした人は、注意が必要です。

 

1.彼に「いつもそばにいてほしい」と思いすぎるあまり、困った状況を作り出してしまう
例えば、就職の面接に彼についてきてほしいと駄々をこねて彼を困らせる、女友だちだけの集まりにも彼を連れていき、友人たちに嫌われてしまう、など。

 

2.不適切な時や場所であっても、彼とのセックスをガマンできない
突発的にセックスしたくなるのは誰にでもあること。でも「2時間も昼休みを取ってしまい上司を激怒させる」「打ち合わせに遅刻する」といったことが日常的に起こっているなら問題です。

 

3.彼を繋ぎとめるために、全財産をつぎ込んでしまう
「彼にプレゼントを贈りたい」「困っているなら支払いを肩代わりしてあげたい」と思うのは、あなたの優しさでしょう。でもそれが日常茶飯事になり、あなたが借金をしてまで彼につぎ込んでいるのなら、それは完全に彼に依存しているサインかも。

 

4.1人でいるのが怖くてたまらない
もし「1人では眠れない」のであれば、あなたが考えているよりも依存度は進んでいる可能性が。

 

5.彼と一緒にいないと、何もかも空しく感じる
反対に、「彼が友だちと飲みにいく日は、私も女友だちと出かけよう!」と思えるなら、2人の関係は良好です。

 

6.何もかも、彼の「お墨付き」がないと安心できない
ちょっと大胆なデザインのネックレスをしてみたけれど、彼が気に入らない様子。それだけで気分が沈んで1日が台無しになってしまう…など。
7.「彼を失うかも」と思っただけでパニックになる
彼とのデート中、彼の元カノと遭遇してしまった! とたんに「まだ元カノに未練があるのかも…」と考えはじめ、心配を通り越して妄想に取りつかれてしまう。

 

8.彼の注意を引きたいがために、わざとケンカをしかけてしまう
「『今日はどうだった?』って聞いてくれないのはなぜ?」「私のことなんて何も考えてないのね!?」と自分からケンカを売っていませんか?

 

9.彼はドラッグのようなもの。一緒にいるとハイな気分になれる!
でも一緒に過ごす楽しい週末が終わってしまうと、耐えられないほど落ち込んでしまう…。

 

10. 彼を「愛すること」より、彼から「愛されたい」という思いに執着してしまう
プレゼントやデートの計画、ちょっとした態度から彼の愛情度をチェックし、「愛されていないかも」と感じると、不安で仕方なくなる。

 

11.彼の出張中、深刻なウツ状態におちいる
友達と会う気力もなく、ベッドから出られない。彼がここにいないのなら、起きて活動する意味なんてあるのかしら?という状態。

 

12.彼が男友だちと旅行に行くのは、自分のせいだと思ってしまう
たとえそれが、結婚を控えた大事な男友だちと行く絶対に断れない「独身最後のお祝い旅行」だったとしても、「彼は私とベッドでいちゃいちゃしながら過ごすよりも、友達との旅行を選んだのね…」と考え、自分が彼にとって価値のない人間のように感じてしまう。

 

13.彼に嫌われるのを恐れて、気分がノラなくてもセックスしてしまう
セックスを「2人の関係が順調かを判断する基準の1つ」と考える人たちにとって、「頻度」は重要なポイントでしょう。でもそんなことで愛情は測れません。「たくさんセックスしないと彼が去っていく」と考えるのは間違いです。

 

14.彼と過ごしているときにだけ「生きている」と実感する
かつては女友だちと食事に出掛けるのを楽しみにしていたはずなのに、今は彼との予定以外はすべて取るにたらない「雑用」に思えてしまう。

 

15.彼のことばかり考えて仕事がまったく手につかない
彼からメールが来ていないかと携帯ばかり見ているので、仕事にならない。

 

16.「彼のいない人生なんて無意味」と思っている
「彼以外に、生きる喜びを見出せない」。本気でそう思っている人は要注意です

 

出典:COSMOPOLITAN US
URL:https://www.cosmopolitan.com/jp/love/relationships/reports/a840/signs-addicted-to-boyfriend-partner/

ある女性たちの声というより、主張です。

 

私が許せないのは、DV、セクハラ、痴漢、レイプなどの暴力です。
男の精巣で毎日5000~1億もの精子が生産されるそうです。生理的に性エネルギーが上昇してくるのはわかります。
しかし、その欲望を吸収してくれるパートナーがいないからと言って、一般女子に手を出したら逮捕されちゃいます!
セルフプレジャ(自慰)はAVがこれだけあるのだから、自己処理すべし!
エロ動画を見る男たちにその方向に誘導できるようなサイトや、動画マガジンはつくれませんか?

 

男のセクハラ、痴漢、レイプなどの性暴力の原因は、性衝動をコントロールできないことです。
解決方法は、性衝動のはけ口としてセルフプレジャ(自慰)が一般的です。

 

その性欲の方向性として、歓迎される業界で処理していただきたいと思います。
風俗、チャットレディ、AV業界では、性欲処理したい男性をお客様として歓迎してくださいます。

 

家庭でも、一般社会でも、性の問題は、扱いでした。
赤ちゃんがどのようにして誕生するのか?それは人の場合、タブー視されていました。
性教育でも、男性の性欲の自己管理は教えられていませんでした。
男の性欲を刺激しないように、エロ本、エロ動画は店頭販売から、ネット通販に移行しています。当たり前ですが・・・・
そのように、男性自身に自重してもらいたいです。

 

性欲を“ひきこもり”のように閉じ込めたいのです。

 

性欲という、性エネルギーを外に持ち出されると、女性は非常に迷惑します。
毎日のようにニュースに取り上げられる“わいせつ”やら、“性犯罪”には、どうにかならないの、と思いました。
たとえば、食欲があれば、便意を催します。トイレに閉じこもって排泄します。
性欲があれば、プライベートルームに閉じこもって自己処理してもらいたいです。
射精すれば、性欲は解消されるでしょう。

 

性欲を“ひきこもり”のように閉じ込めてもらいたいです。
彼女が同意すれば、一緒に楽しんでもいいと思います。
そういう彼女がいないからと言っても、同意してもいない女子を、それも公共の場で辱めているのです。
だったら、ラブドールを購入して、抱っこしてればいいでしょう。

 

彼女たちの主張を受け止めて編集されているサイト、エロ動画マガジンがあります。

 

※次のサイトとデジタルマガジンは、性欲管理、性欲コントロールのために作成されたサイトです。
18歳以上の性欲コントロールを目的としたエロ動画マガジン(無料)のリンク先を掲載しています。
そのため、18歳以下の未成年の観賞はお断りします。

Mr.Dandy

性欲ウォーカーズ

大人の学校・男の教養

 

18歳以上の性欲コントロールを目的としたデジタルマガジンは、ネットで公開されているエロ動画を編集ししています。
そのため、18歳以下の未成年の観賞はお断りします。

エロ動画のオナペットたち

エロ動画PINK-PLANET

芸能人の秘密 欲望の代償