性欲をコントロールする7つの方法

性欲のコントロール

性欲を完全にコントロールすることは難しいと言われています。性欲は人間が持つ三大欲求の一つですし、睡眠欲や食欲と並んで強い欲求となります。睡眠や食欲を完全に支配化に置くことができないように、性欲もまた完全にコントロールすることはできません。しかし、努力や工夫次第である程度性欲をコントロールすることも可能ですから、ここではそのためのアドバイスをしたいと思います。自分の性欲がなかなかコントロールできない、と悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

 

性欲を意識しすぎない
性欲を変に意識しすぎてしまうと逆効果になってしまいます。性欲を抑制しよう抑制しようと思ってしまうと余計に意識してしまいますし、それが原因でさらに性欲が高まってしまうこともあるでしょう。へたに意識しすぎるとこうしたことが起きますから、あまり意識しすぎないことも大切です。あくまで自然体で過ごすことがもっともいいのかもしれません。

 

カラオケで歌う

性欲のコントロール

カラオケが趣味という方もたくさんおられるでしょうがカラオケで歌うことで性欲をコントロールすることも可能です。歌うのがそもそも嫌、苦手という方もおられるでしょうが、歌うことによってストレスの発散にもなりますし、性欲をコントロールすることにも繋がります。性欲から意識を切り離すこともできるでしょうし、無駄にムラムラしてしまうことも少なくなるでしょう。現在ではヒトカラも当たり前のように行われていますし、一人で歌いに行く方もたくさんいます。ヒトカラ専用のプランなどを設けたカラオケルームも多いですよ。

 

早寝早起きをする
規則正しい生活が性欲のコントロールに繋がると言われています。夜寝るのも遅くて朝もギリギリまで寝ている、という方もおられるでしょうが、まずはそうした生活を見直してみてはいかがでしょうか。早寝早起きには性欲をコントロールするだけでなくほかにもたくさんのメリットがあります。身体や心の疲れもしっかりととることができるでしょうし、朝早く起きることで時間を有効に使うことも可能になるでしょう。最近では朝活なども流行っていますからチャレンジしてみるのもいいですね。

 

運動をする

性欲のコントロール

運動をするのもおススメです。ムラムラしたときに運動したら発散できた、ムラムラしなくなったという話はよく聞きますよね。思いっきり運動して汗をかくことである程度性欲をコントロールすることも可能になるでしょう。普段あまり運動しない方がいきなり激しい運動をしてしまうとケガの元になりますから、最初はムリなくできるウォーキングなどから始めてみるといいかもしれません。朝早く起きて近所の公園などを歩いてみるとそれだけでも気持ちがイイですよ。また、パートナーがいる方は2人でスポーツを楽しむのもおススメです。

 

趣味に没頭する
趣味があるのならそれに没頭することで性欲を抑制することも可能です。
一つのことに集中しているときは余計なことを考えないものですし、ムラムラするようなことも少なくなるでしょう。
経験したことがある方も多いと思いますし、これはかなり有効な方法と言えます。
性欲が入り込む余地がないくらい趣味に没頭すれば上手に性欲をコントロールできるでしょうし、変なタイミングでムラムラしてしまうことも少なくなるのではないでしょうか。そもそも趣味がない、という方はまず趣味を見つけることから始めてみましょう。

 

セロトニンを増やす

性欲のコントロール

セロトニンを増やすことで性欲をコントロールできるとも言われています。
セロトニンは精神や睡眠に関わっている神経伝達物質で、少なくなってしまうと思考がネガティブになる、代謝が下がるといった弊害が生じると言われています。
精神のコントロールにも欠かせない物質ですから、セロトニンを増やすことによって適切に性欲が抑制できるようにもなるでしょう。
セロトニンはトリプトファンという栄養素を取り入れることで合成されます。豆腐や納豆といった大豆食品にトリプトファンはたくさん含まれていますよ。

 

1人でオナニーする
とりあえずスッキリするためにオナニーするというのもアリです。女性だと男性ほど一人エッチすることは少ないと思いますが、オナニーすることで溜め込んだ性欲を発散することができます。特定のパートナーがいない方だとこの方法がもっともおススメかもしれませんね。最近では女性専用のアダルト動画なども数多くの作品がリリースされていますし、そうした映像作品をオカズにするのも良いでしょう。アダルトグッズを扱うショップにいけばオナニー用のさまざまなグッズも販売されています。お店で買うのが恥ずかしいという方はネット通販で購入するのもおススメですよ。

 

まとめ
性欲を完全にコントロールするというのは難しいことではありますが、ある程度コントロールすることはできます。いつでもどこでもムラムラしてしまうようでは集中力も乱れてしまうでしょうし、仕事で失敗をしてしまうかもしれません。また、性欲をコントロールできないとなると、最悪社会性の無い大きなトラブルに及んでしまう恐れもありますから注意が必要です。

 

ここでは性欲を上手にコントロールする方法についていくつかアドバイスしましたが、ほかにも自分なりの方法でコントロールする方法を見つけてみるのもおススメです。ここでご紹介した内容がすべてではありませんし、自分なりの方法で性欲をコントロールしているという方も実際にいます。性欲が暴走してしまわないよう、まずはいろいろな方法を試して自分に合ったコントロール方法を見つけてみましょう。

 

 

ある女性たちの声というより、主張です。

 

私が許せないのは、DV、セクハラ、痴漢、レイプなどの暴力です。
男の精巣で毎日5000~1億もの精子が生産されるそうです。生理的に性エネルギーが上昇してくるのはわかります。
しかし、その欲望を吸収してくれるパートナーがいないからと言って、一般女子に手を出したら逮捕されちゃいます!
セルフプレジャ(自慰)はAVがこれだけあるのだから、自己処理すべし!
エロ動画を見る男たちにその方向に誘導できるようなサイトや、動画マガジンはつくれませんか?

 

男のセクハラ、痴漢、レイプなどの性暴力の原因は、性衝動をコントロールできないことです。
解決方法は、性衝動のはけ口としてセルフプレジャ(自慰)が一般的です。

 

その性欲の方向性として、歓迎される業界で処理していただきたいと思います。
風俗、チャットレディ、AV業界では、性欲処理したい男性をお客様として歓迎してくださいます。

 

家庭でも、一般社会でも、性の問題は、扱いでした。
赤ちゃんがどのようにして誕生するのか?それは人の場合、タブー視されていました。
性教育でも、男性の性欲の自己管理は教えられていませんでした。
男の性欲を刺激しないように、エロ本、エロ動画は店頭販売から、ネット通販に移行しています。当たり前ですが・・・・
そのように、男性自身に自重してもらいたいです。

 

性欲を“ひきこもり”のように閉じ込めたいのです。

 

性欲という、性エネルギーを外に持ち出されると、女性は非常に迷惑します。
毎日のようにニュースに取り上げられる“わいせつ”やら、“性犯罪”には、どうにかならないの、と思いました。
たとえば、食欲があれば、便意を催します。トイレに閉じこもって排泄します。
性欲があれば、プライベートルームに閉じこもって自己処理してもらいたいです。
射精すれば、性欲は解消されるでしょう。

 

性欲を“ひきこもり”のように閉じ込めてもらいたいです。
彼女が同意すれば、一緒に楽しんでもいいと思います。
そういう彼女がいないからと言っても、同意してもいない女子を、それも公共の場で辱めているのです。
だったら、ラブドールを購入して、抱っこしてればいいでしょう。

 

彼女たちの主張を受け止めて編集されているサイト、エロ動画マガジンがあります。

 

※次のデジタルマガジンは、性欲管理、性欲コントロールのために作成されたエロ動画です。
18歳以上の性欲コントロールを目的としたエロ動画を編集しています。
そのため、18歳以下の未成年の観賞はお断りします。

 

Mr.Dandy

性欲ウォーカーズ

大人の学校・男の教養

エロ動画のオナペットたち

エロ動画PINK-PLANET

芸能人の秘密 欲望の代償