月21回以上の射精で前立腺がんリスク2割減―米調査

 

オナニーで前立腺がんリスクが低下!

米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4〜7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。詳細は、3月29日発行の欧州泌尿器科専門誌「European,Urology」(電子版)に掲載されている。
射精の頻度と前立腺癌のリスク

 

特に40代での頻度がモノをいう?
近年、わが国で急増している前立腺がん。国立がん研究センターの推計では、男性がん患者数で胃がんを抜きトップになると予測されている。生活習慣の欧米化や検診(前立腺特異抗原=PSA=検診)の普及で発見される頻度が高まったことなどが背景にあると考えられているが、食事以外にどんな要因があるのかは、国内だけでなく海外でも明らかにされていない。

 

 こうした中、10年ほど前から、射精回数の多さが前立腺がんリスクに関係していることを示唆する調査結果が、米国やオーストラリアから相次いで報告されている。中でも、2004年に米医師会誌「JAMA」に掲載された米国の調査では、1992年に46〜81歳だった男性の医療従事者約3万人を2000年まで追跡調査したところ、1カ月当たりの射精回数(性交、夢精、自慰での射精を合わせた回数)が21回以上の人では、4〜7回の人に比べて前立腺がんになる危険性が3割低下することが分かった。この調査は対象者の数が多く、結果の信頼性も高いとされ、各国で話題を呼んだ。

 

 今回ライダー氏らが報告したのは、この対象者をさらに2010年まで追跡調査した結果だ。今回も、20歳代の頃の1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4〜7回の男性に比べて前立腺がんになる危険性が19%低いことが示された。また、20歳代よりも40歳代の方がより強く関係しており、この年代で月21回以上射精している人では22%のリスク低下が認められたという。

 

 結果について、ライダー氏らは「前立腺がんの原因を考えた時、男性が生涯にわたって頻繁に射精することは、良い影響をもたらすことを改めて示すもの」と説明。ただ、今回、「観察研究」と呼ばれる方法で射精の回数と前立腺がんリスクが関連することは分かったが、因果関係を証明するものではないため、「結果の解釈には注意が必要」と強調。なぜ射精回数が多い人で前立腺がんリスクが低下するのか、そのメカニズムなどについて、さらなる研究で明らかにしていくべきだとしている。