4つに分類される不眠の症状

不眠の症状は主に4つのタイプに分けることができます。
1つだけのこともあれば、複数のタイプを伴っている場合も多くあります。
タイプによって対処法や治療方法が異なるので、まずは、あなたの不眠の症状がどのタイプなのか知っておきましょう。

pct01

contrast

 

入眠障害(なかなか寝付けないタイプ)

 

床に入って寝つくまでに、30分〜1時間以上かかるタイプ。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいといわれています。

 

不眠の症状には4つのタイプがある




 

中途覚醒(夜中によく目が覚める)

 

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなるタイプ。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15〜27%)、中高年でより頻度が高いといわれています。

 

不眠の症状には4つのタイプがある




 

早朝覚醒(朝早く目が覚めるタイプ)

 

朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多くみられます。
不眠の症状には4つのタイプがある




 

熟眠障害(ぐっすり眠った気がしない)

 

睡眠時間を十分にとったのに、熟眠感が得られないタイプ。
ほかのタイプの不眠症を伴っている場合も多くあります。
不眠の症状には4つのタイプがある