不眠・睡眠不足と生活習慣病の深い関係

不眠・睡眠不足と生活習慣病の深い関係

 

慢性的な不眠や睡眠不足は、うつ病などの精神疾患につながるだけでなく、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病になるリスクを高めることがわかっています。

 

多くの研究から、睡眠時間と生活習慣病は互いに関連性があり、相互に影響を与えているといわれています。

 

不眠症状(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒など)のある人では、ない人に比べて、糖尿病になるリスクが1.5〜2倍高くなるという研究データも出ています。

 

また、睡眠時間が5時間以下の人では、高血圧になるリスクが2.1倍だったという報告もあります。

 

不眠や睡眠不足を改善することは、生活習慣病の予防や治療においてもとても大切なのです。




 

不眠症の改善

 

日常生活を見直し、
不眠の原因となる生活習慣を改善します

 

規則正しい生活を送る、寝室環境を整える、お酒やタバコを控えるなど、快眠のための生活習慣の改善を心がけます。
生体時計のリズムに合った生活設計をします。
身体によくない習慣を改めます。

 

たとえば、お酒やたばこは、18歳以下は禁止されています。
なぜ禁止されているのか?それは体に良くないからです。健康を害するものだからです。
では、なぜ18歳を超えたから、お酒やたばこを覚えるのでしょう。

 

わたしは、それは体に良くないものなので、体には覚えさせないことにしました。
それに、病気や老化を早めます。